ウォーターサーバーで健康的に水を飲もう|ゴクゴク飲める水

掛かる費用

女の人

身近になりつつあるウォーターサーバーの価格傾向。

以前まではあまりなじみのなかったウォーターサーバー。しかし近年、ショッピングモールやホームセンター等で試飲や販売をしている姿を見かける方も少なくないのではないでしょうか。業務用が主であったウォーターサーバーですが、その安全性や利便性から、近年では一般家庭にも普及しその需要を伸ばしています。設置に際してかかるお金としては、レンタルであればサーバー自体のレンタル料、メンテナンス料、電気代、お水の値段、そしてお水の送料です。お水に関しては業者や種類によって異なりますが、12Lで1000円から2000円前後が主流となっています。電気代はどのサーバーでもひと月おおむね1000円程。個人向け宅配などの事業拡大や業者間の競争もあいまって、価格競争に発展しつつあります。このことからレンタル料、メンテナンス料、送料に関しては無料に設定する業者も多く存在するので、トータルコストから比較・検討するのが望ましいと言えるでしょう。

いつからこんなに身近な存在に。これまでの流れとは。

ウォーターサーバーは一般家庭においても、飲料水や調理水などの生活用水として急速に身近な存在になりつつあります。以前までは安全な水が必要となる飲食店や、人の多く集まるオフィスなどでよく利用されていました。反面一般家庭にはぜいたく品とみなされ、なかなか普及しませんでした。しかし、近年水道水への不安や健康志向などから、安全で衛生的かつ利便性の高いウォーターサーバーに注目が集まるようになりました。1980年代後半から増え始めたウォーターサーバーですが、2000年代に入ると新規参入企業も増えるなどその市場は爆発的に拡大。約20年で20倍程度の拡大を示しました。取扱い業者が多いことは価格競争にもつながるため、消費者にとってはありがたい反面、比較対象が増えることで選びづらいという面もあります。しかし目的さえ設定すればどこまでもこだわって選べるという利点も。現在ではウォーターサーバーを比較検証するウェブサイトも多くあります。ご自分のニーズに合わせたサーバー選びに、そういったサイトを利用し、比較・検討するのも良いかもしれません。